ガーリッシュナンバー感想 ~クズプロデューサーとゴミカス新人~

期末テスト期間中ではあるが前日譚の漫画3巻及びアニメ12話それと公式スピンオフ1巻を2日で完走した。虚無にも負けず忘れないうちに感想やらを綴っておく。

 

今回は全体感想なのでまずキャラクターごとに思ったことを書く。

 

・烏丸千歳

主人公。外見はかわいいがそれ以外はゴミカス同然の新人声優。世の中全てを舐め腐っており周囲の人間にすら高圧的な悪評を憚ることなく口に出す。女子高出身というのも何となく察しがつくが自分の外見がかわいいことを自覚しており憎らしいことこの上ない。悟浄くんのことが大好きなブラコンで掃除などの生活能力も兄に依存している節がありその辺はガヴリールに近いと思う*1。プロとして仕事をしている自覚がなく「まぁ何とかうまくいくやろ」の精神で雑に生きているためマネージャーの悟浄くんからは毎日のように窘められているが最終話に至るまでろくに反省しない。褒められた点といえば図太さ(ポジティブシンキング)くらいなものでそれさえ捉え方次第という感じで本当にかわいいくらいしか救いようがない残念なキャラである。『突き抜けたクズ』を受け容れられなかったら後述の九頭Pともども無理だろうからこのアニメを見ることはかなわないだろう。

さて、ダメ系主人公は世に溢れているが彼ら彼女らは皆

①基本ダメだけど良いところもある

②話の途中で成長、更生する

のどちらかを満たすのに対して千歳は良い面といえる側面が無理やりに見出さないと無い上に最終話までろくに成長しないし反省もしないし当然更生もしない。挑戦的なキャラ設計だ。成長しなかったので最後まで大成功を収めることはなかったが大失敗しなかっただけでも十分ご都合主義だと感じる人もいそうだ。いや本当にこんなんで失敗せずやっていけるんかと思ったけどそこはフィクションってことで。怠慢、傲慢、停滞というキャラクターは好きだがこれからは普通の成長物語も見てみてい気もする。2期はよ。

 

・烏丸悟浄

千歳の姉にして作中後半までマネージャーを担当。かつてはナンプロ所属の声優であったが色々思うところがあって声優稼業を諦め現職に至る。昔から彼を知る社長や九頭との親交(?)も深く酒の席でいろいろな話を聞いたりしている。仕事熱心でわりといつも帰宅が遅い。そのうえ妹がアレなのでストレスマッハ。しかし根がシスコンなのでここぞで甘いし自分が諦めた道を歩む彼女にたびたび自分を重ね期待してしまったりしてる。声優時代も仕事熱心で役者としてあろうとする彼の姿勢には最強声優である苑生桜も一目置いていたようだし当時新人声優としてその背中を見ていた柴崎は悟浄と桜を並列で尊敬し理想像として語っている。妹がアレなぶんバランスを取ろうと常識人的キャラ設計になっているんだろうな。実力や他キャラとの絡みの多さ、アレな過去など主人公になれるポテンシャルが十二分にあるのでスピンオフが待たれる。普通にカッコいいので好き。fate zeroやサイコパスに出てきそうな雰囲気を湛えているが偏差値はマーチマーチらしい。

 

・苑生百花

最強声優苑生桜と最強パパ(有名アニメ監督)の娘でありアイドル方面でも活躍を見せる今をときめく人気JK声優である。かわいい。やる気も実力もないが自信だけはあるゴミカス主人公が困っているとアドバイスをあげたり、自身の憧れに起因するものの柴崎の件でもフォローを欠かさなかったりと周囲への配慮が聖人のソレである。が、公式プロモーション的にはこの子もクズの一面を持っているらしい...ほんとかよ*2。声優稼業としてライブやお渡し会などの幅広い活動をすることに対して『それが求められているのだから仕事としてやるだけ』という割り切った考え方を持っている。クール中盤は彼女に焦点が当てられており家族のことで思い悩む姿は非常に刺さるものがあった。はっきりとは言明されなかったがつまるところ母親が最強すぎてコンプレックス持ってたけど自分の原点でもあるしどう接していいものか分かんなくなってたとかそういう感じでしょ(適当)。どーせ普通のJKらしい葛藤なんやろうなって思いながらも千歳がキッズ過ぎるぶん百花が大人に見えてたから心象を読むのがちょっと難しかった。

 

・柴崎万葉

人気声優2人目。山形出身で酔うと方言が出る。九州弁も出てきてびっくりした。声優稼業について『声優は役者としてあるべき』という思想を持っておりライブやお渡し会のようなイベントに対しては快く思っていない。そのストイックな姿勢から現場で陰口叩かれたりしてるけど本人はさして気にしていない(ほんとか?)。とはいえプロ意識がべらぼうに高いのでイベントでは明るい笑顔で振るまっている。生粋の仕事人だがこういうキャラにしては完全無欠感が全然ないので親しみやすかったりする。

 

・桜ヶ丘七海

あずにゃんポジ、ゴミカスたちの後輩。JK3、かわいい。1期時点では暗黒面がなさそうな大天使だったが描写が少ないので果たしてみたいなところはある。2期にゴミカスと全面戦争してほしすぎる。

 

久我山八重

あざと腹黒ロリ巨乳新人声優。『ペラいから』は良かったけど漫画読んでないとあのへんのシーンよく分かんないと思う。掘り下げられずに終わってぽやしみ。

 

・片倉京

アラサーオタク。昔の悟浄を知る貴重な存在。掘り下げられずに終わってぽやしみその2。

 

・九頭P

戦犯。千歳と同じく救いようのない存在として描かれているが、千歳と違って昔は有能であり最終話では少し持ち直している雰囲気がある。

 

書いてないキャラもたくさんいるけどとりあえずこのくらいで。全体として、業界の闇の部分を詳らかにしてしまえという意思を感じた*3。とことんゴミな主人公や九頭Pに振り回される面々という通常の群像劇とはやや異なるテイストだが結構面白かったと思う。2期こないかな~。

 

*1:ガヴは根が優しいけどこいつは根もクズ。クズ大好きだから一向に構わないが。

*2:たぶんラノベ原作者への偏見とかそのへんのことを言ってるんだろう。

*3:脚色誇張あるのは分かるけどいったいどのくらいが実際にあった話なんだろうか...。